GP ONROAD Race
2014.6.22
 
2014年6月22日(日)オーム輪厚オンロードサーキットにてオームGPオンロードレースを開催しました。昨年は雨に泣かされることが多々ありましたが、2014年開幕戦は朝から晴天で天候の心配もなく無事開催することができました。
ピュアテンGPクラスは、今年の8月に当サーキットで開催される京商トロフィーの人気クラスです。レースは5分間の周回レースを2ラウンド行い、鈴木選手が14周5分15秒811でポール獲得。決勝はBメインから行い、Bメインは道下、山口、藤原選手がAメイン進出。Aメインは15分周回レース。予選トップの鈴木選手が序盤トップを走行します。5分経過時鈴木選手が給油の際、金子選手がトップに立ちます。その後金子選手を野中選手が猛追します。終盤に野中選手がトップに立ち初優勝しました。2位には金子選手、3位に鈴木選手が入賞しました。      
スポンジクラスは予選5分周回レース。金子選手が15周5分17秒634でポールを獲得します。Aメインは15分周回レースで行い、金子選手が序盤からトップを快走します。終盤、鈴木選手と佐藤選手との2位争いを展開します。優勝は序盤からトップを走り続けた金子選手。2位は終盤の2位争いを制した佐藤選手。3位は鈴木選手が入賞しました。
 インファーノGTクラスは予選5分間周回レースを2回行い、高瀬選手が12周5分11秒908でポールポジションを獲得。決勝は予選4位の谷内選手がレース中盤からトップに立ち初優勝しました。2位は高瀬選手、3位は斎藤選手が初入賞しました。
GP Sponge-Class Pureten GP-Class


A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best
1 金子 尚程 42 15:09.343 20.493
2 佐藤 春見 41 15:17.091 20.673
3 鈴木 典章 41 15:33.704 20.765
4 道下 淳 40 15:20.497 20.550
5 堀 瑞穂 32 14:24.219 22.669
6 中澤 博俊 9 3:21.593 21.581
7 野中 信太郎 6 5:28.354 21.987
8 山口 英樹 5 2:52.431 23.051



A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best
1 野中 信太郎 39 15:05.598 22.138
2 金子 尚程 39 15:12.613 22.294
3 鈴木 典章 38 14:52.628 22.261
4 道下 淳 38 15:03.367 22.437
5 藤原 知典 35 15:22.175 24.145
6 山口 英樹 32 14:04.848 22.580
7 中澤 博俊 6 2:28.908 22.580

B Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best
1 道下 淳 26 10:22.341 22.896
2 山口 英樹 24 10:02.134 23.363
3 藤原 知典 24 10:19.529 23.951
4 本間 俊 23 10:02.593 23.374
5 堀 瑞穂 23 10:20.397 23.543
6 佐藤 春見 18 10:08.022 23.251
7 村越 成晴 12 8:24.002 22.135
  INFERNO GT-Class



A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best
1 谷内 俊彦 35 16:13.591 24.626
2 高瀬 盟嗣 33 15:17.280 25.131
3 斎藤 信之 14 6:34.848 26.293
4 佐藤 光二 12 6:19.573 27.868
5 藤原 知典 12 8:24.002 26.066




もどる