OHMツインサーキット6周年記念レース
2012.10.14
2012年10月14日(日)、OHMツインサーキットにおいてサンデーレースを開催しました。
今回はJMスポーツ、F1グランプリ、ツーリングオープン、トゥエルブ、
ヨコモGT500、目指せ16秒クラスの6クラスで行いました。
今回の大会からクリップ剤マイティーグリッパーV3が使用可能になりました。全体的にはグリップが安定しハイサイドもしなくなりました。
めざせ16秒クラスは16秒000より速いラップで周回した選手は次の周にピットレーンを通らなければならない、ドライブスルー・ペナルティが義務付けられます。ピットレーンにはパイロンが設けられ、ピットロードは相当時間を要するので、ペナルティが命取りに。予選は竹田選手がポールポジションを獲得。決勝はその竹田選手がトップを快走します。中盤中村選手が竹田選手をパスしますが痛恨のドライブスルー・ペナルティで竹田選手が再びトップに立ち、そのまま優勝しました。優勝は伊藤兄選手。2位は中村選手が入賞しました。
トゥエルブクラスは荒井選手がポールポジション。決勝は本間選手が終盤猛チャージし、ついにラスト1周で荒井選手をかわし大逆転優勝。2位は荒井選手。
ヨコモGT500クラスはアンプ・モーターがヨコモ製のワンメイクレースです。予選ポールポジションは山田選手。決勝は予選トップの山田選手がまさかのミス連発。予選2位の本間選手がトップ山田選手をかわしトップゴール。2位中村選手、3位山田選手が入賞しました。
ツーリングオープンクラスは中村(成)選手がポールポジションを獲得。決勝は中村選手が貫禄の走りで2位以下に1周以上の差を付けトップゴール。2位は山田選手。3位は荒井選手。
F1グランプリクラスは今大会ほとんどの選手がゴムタイヤを使用していました。予選は荒井選手ポールポジションを獲得。決勝は荒井選手と高尾選手のデットヒートがラスト1周まで続き荒井選手が僅差で優勝しました。2位はトップと0.1秒差で高尾選手、3位は山田選手が入賞しました。
JMスポーツクラスは山田選手がポールポジション。決勝はトップ山田選手が中盤以降徐々に引き離し優勝。2位に橋本選手。3位に竹田選手が入賞しました。
TouringOpen−Class YOKOMO GT500−Class



A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best Point
1 中村 成智 27 5分11秒688 11秒639 10
2 山田 浩司 26 5分07秒543 11秒909 8
3 荒井 泰夫 24 5分12秒229 12秒660 6





A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best Point
1 本間 俊 21 5分03秒971 14秒733 10
2 中村 孝一 21 5分14秒318 14秒813 8
3 山田 浩司 20 5分07秒745 14秒375 4

目指せ16秒−Class FORMULA 1 GRAND PRIX−Class



A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best Point
1 竹田 翔哉 19 5分04秒420 15秒926 10
2 中村 孝一 19 5分07秒794 15秒879 8




A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best Point
1 荒井 泰夫 22 5分00秒595 13秒849 10
2 高尾 新二 22 5分00秒736 13秒732 8
3 山田 浩司 22 5分06秒456 14秒184 6
4 本間 俊 20 5分06秒981 14秒290 4
JM SPORTS−Class 1/12−Class



A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best Point
1 山田 浩司 25 5分01秒062 12秒268 10
2 橋本 正悟 25 5分07秒323 12秒346 8
3 竹田 翔哉 24 5分10秒259 12秒869 6




A Main Final
Pos Driver Laps GoalTime Best Point
1 本間 俊 25 5分04秒424 11秒897 10
2 荒井 泰夫 25 5分04秒729 12秒115 8

もどる